人工意識:脳のようなニューラルネットワークを作れば「意識」は生まれるか(3)

意識とニューラルネットワークとの関係について、もう一つの重要な観点をお話します。

そもそも私たちはモノを認識する時、まず最初に、目の網膜に投影された画像の色を認識します。赤、緑、青、黄色、銀色、白、黒など、様々な色を認識し、次に色の変化から形を認識し、背景なども認識し、対象物が何であるかを認識します。「この色とこの形だと、これは○○だ」のように、対象物を認識する根拠として、色や形を使います。「橙(だいだい)色で、この丸みで、表面のブツブツ状態からして、これはミカンだ」などと判断します。

これに対し、コンピュータによるニューラルネットワークなどの画像認識では、対象物の色や形など全ての情報は数値に変換されて、ニューラルネットワークに入力され、演算処理がなされます。つまり、ニューラルネットワークの中では対象物の色や形は跡形もなくなくなり、全ての情報は数値に変換され、演算されて認識されるのです。画像認識で最も高い性能を出しているディープラーニングのコンボリューショナル・ニューラルネットワークでも、形の特徴を捉える工夫はあるものの、全て数値で演算され、認識されるところは同じです。

このように人の脳とコンピュータのニューラルネットワークは根本的に認識過程が異なるのです。

ここで重要なことは、人間の目や脳が、自然界には存在しない「色」を作り出している事です。自然界には本来「色」なるものは存在しません。自然界に存在するのは光(電磁波)です。この光を目の網膜や脳が色に変換して、つまり、色を作り出して認識しているのです。

「そんなことはないよ!そこに赤いリンゴがあるじゃないか。赤い色が存在するから赤いリンゴがあるんだ」と思う人も多いと思いますが、実は「赤い」リンゴは人間の脳が作り出した存在で、そこにあるのは「波長700nmの電磁波を反射する」リンゴなのです。網膜や脳により、波長350nm~750nmの電磁波(光)は、紫、青、緑、黄、赤などに変換されます。この変換により、リンゴは赤色として認識されるのです。七色の虹も同様で、空に浮かんでいるのは単なる水蒸気ですが、水蒸気により電磁波が波長ごとに分離し(屈折率の違いから)、それが目や脳により七色に色付けされて、カラフルな虹として認識されるのです。

これに対してコンピュータでは、赤、緑、青(RGB)という三原色の光を数値に変換して入力し、演算処理をします。つまり、色としては認識せず、RGBの数値を用いて認識するのです。

つまり、光の波長(数値)を色に変換して色として認識する人間と、色を数値に変換して数値の大小で認識するコンピュータという対称的な構図が存在します。

私達が感知することのできないテレビ電波などの電磁波が全く無味乾燥な存在であるのと同じように、波長350nm~750nmの電磁波(光)も本来無味乾燥な存在のはずです。人の脳がコンピュータのように認識するのであれば、それをわざわざ色に変換する必要はありません。ディープラニングが行っているように、波長400nm、550nm、700nm(青、緑、赤)の光の強度の大小で演算処理をして、画像認識をすればよいのです。それにもかかわらず、なぜ目や脳は電磁波を味わい深い豊かな色に変換するのでしょうか?

私には、それは人間の「意識」に対して、外界の状況をテレビのように投影するためのように思われるのです。つまり、人間の「意識」という主体が外界を分かり易く認識できるように、目や脳が外界の様子を投影して見せているように思えるのです。

もしそうであるならば、コンピュータ上で動作するニューラルネットワークをいくら複雑に作ろうとも、いくら膨大なシステムにしようとも、人間の意識が生まれることはないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です