人工意識:脳のようなニューラルネットワークを作れば「意識」は生まれるか(1)

人工知能を研究している大学の先生の中には、人工知能の代表的な手法であるニューラルネットワークの結合数を人間の脳のニューロンの結合数並みに増やしていくと、量が質に変わり、人間のような「意識」がコンピュータにも現れる、と言う人がいる。

一般の人もこれに同調して、「なるほど、人間の脳と似たような人工神経回路網をコンピュータ内に作れば、人と同じような意識がでてきても不思議はない」と言う人が少なからずいる。

全く笑止千万だ。

コンピュータ内に作られたニューラルネットワークを支配するのは数学計算である。ディープラーニングの層数を現状の10層から1兆層に増大したとしても、数学的処理の層数が10層から1兆層に増えるだけで、そこに新たな生命体の息吹である「意識」が生まれることは決してない。あくまでもプログラム通りに1兆層の計算を行うだけであり、コンピュータに意識が生まれることはあり得ない。

たとえて言うならば、10+10=20 であるが、1兆+1兆=2兆 ではなく、数が大きいので量から質への変換が起こり、2兆+α(計算結果以外のモノ) が正解となる、と主張するようなものだ。数学において、この+α(計算結果以外のモノ)が発生する余地は全くない。

私はディープラーニングの画像認識プログラムや強化学習プログラムを全て自分で作成してきたので、人工知能が内部でどのような計算をしているかは全て把握している。そこで行う計算は四則演算(掛け算、割り算、足し算、引き算)である。\(\sin { \theta } \)や\(e^x\)や\(\sqrt {x}\)などの計算が入ることがあるが、これらもコンピュータ内では四則演算で近似されて計算されるので、コンピュータ内での演算は全て四則演算である。それゆえにディープラーニングで四則演算を1兆回行おうが、1兆の1兆乗回行おうが、数値計算の誤差は出るが、計算結果以外の何かである+αが生まれることはあり得ない。

もちろん、ニューラルネットワークの層数が1兆個に増えれば、とてつもなく複雑な処理が可能になり、人間の頭脳よりも繊細できめ細やかな処理や表現が可能になるであろう。まるで感情があるかのような発言や行動が出来るようになるであろう。しかし、それはあくまでもプログラム通りに数学演算が多数回行われた結果であり、計算とは別の「何か」「意識のようなモノ」が生成されたということでは決してない。

このような数学の基本法則からして、ニューラルネットワークの層数を人間の脳内のニューロンの結合数に近づけると「意識」が発生するなどという考え方は、まったく滑稽である。後日、別の観点からもこの問題について考察したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です